にこねこ

1頭、2頭、いっぱい、もっといっぱい…

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11-19

2007

オシッコ病

今年2回目のすみれのオシッコ病。
今年は何故かパパちゃんのベッドにばかり…
朝の5時から、洗濯機を回したよ(^_^;)



眼瞼も腫れているよぉ、すみれ。
オシッコ病とは関係ないけど、免疫が下がってるんだろうなぁ。
いつものFVRだねぇ。
L-リジンを飲んで、しばらくは様子を見るけど病院行かなきゃね、すみれ。

オシッコ病:問題行動。
猫と暮らしていく中で、飼い主が「困った」と感じる行動。
猫にとっては当たり前の行動なのに、人にとっては迷惑な行動というのが殆ど。
すみれの場合、「不適切な排泄」か「スプレー行動」のどちらか見定めるのが難しい。「分離不安」も入っているような気がする。
どちらにしても、猫が多すぎる事が原因。それが不安、不満になっている。
ビッケにトイレの邪魔をされたのかもしれない。
今はフェリウェイを湯水のように使う事で対処している。効くかなぁ…(^_^;)

FVR:猫ウイルス性鼻腔気管支炎。ネコヘルペス1型ウイルスが原因。
飛沫感染する。
症状は咳、くしゃみ、目やに、発熱、食欲不振等々。
殆どの猫がキャリアだと思っていいと思う。
すみれは流涙、目脂、眼瞼の腫れがあり、季節の変わり目に発症する。

スポンサーサイト

01-27

2008

代謝

多分、びびに引っかかれたであろう鼻の傷が治らない。
治らないというか、かさぷたが取れない。
もうおばちゃんだから新陳代謝が悪くなっちゃった?
目脂も最近多いし。免疫落ちてるのかなぁ。
お前は弱ん坊だからなぁ(^_^;)

すみれはのりちゃん覚えてる?
おじいちゃんちの16歳の、のりたま君。
癌かもって心配してたけど詳しい検査をしたら良性だったんだって。
良かったね~。
IMG_0686.jpg

01-28

2008

起きれなかった

ごめん、ビッケ。
起きれなかった(^_^;)
今日は夕方から出かけなくちゃだから、病院に行くなら午前中だったんだけど…
起きれなかった…
IMG_0720.jpg

結膜、赤くなってるね。
くしゃみも1日に1、2回するね。
L-リジンとウォルサムの免疫サポート、夕べから飲んでるけど効かないかなぁ。
すみれにはL-リジン効くんだけどなぁ。
2週間位我慢すれば治まるんだろうけど、どうしようかなぁ病院。
迷い中、う~ん。

02-05

2008

ビー玉

ビッケの涙目(FVR)も治ってきた。
良かった。
CA390029.jpg

02-07

2008

抜爪

京都から出張で来ているリス友達とランチして、
新しいスクーターを引き取りに行って帰ってきた。
みんな普通に出迎えてくれて、2階に上がって夕ご飯にした。
じゃーお母さんは着替えてくるね~と自分の部屋に戻ったら!
クッションやら抱き枕に点々と血の痕が!
そして床には抜けた(取れた?)爪の鞘が!
誰!誰?誰の爪?
痛くないの?
IMG_2679.jpg

びびたんくの爪でした(^_^;)
びびは前にも爪が取れた事があったけど、同じ爪?
左手の薬指?
明日は病院だね。抗生剤もらってこなきゃ。

02-09

2008

ベランダ禁止令

今日は病院。
1.jpg

道中、文句たらたらのびび。
病院に着いても文句たらたら。
眼科の専門外来の日で混んでいた。
うるさいね~、ワンちゃんは。
びびはいい子だね~。がんばってるね~。

爪が抜けたのは前回と同じ指だった。
「何か理由があるんでしょうかー?」
「わからない」ごもっとも(^_^;)
床に足を着いても痛がらないし、出血もないので
お薬は無しだけど、ベランダには1週間出さないという処方だった。
ついでに尿検査も。pH6。結晶なし。問題なし。
良かった(*^_^*)

びび、ベランダ出ちゃ駄目って!
1週間、我慢ね!

02-16

2008

お毒味

生食導入の前に、その店の味をお母さんが毒味してあげるからね(^o^)
GEN-MEATのレトルトカレー。
IMG_8915.jpg

1パック2人分だったので、一辺に盛ってみたが…
食べきれなかった。
味は…まぁまぁ合格点。

04-20

2008

フィーラインヘルス

生の肉には野菜のピューレも混ぜないといけない。
ぐうたら母さんに毎日の野菜ピューレ作りは難しいのでフーラインヘルスという物を買ってみた。
5分煮込んで味見、餅米みたいで人間的には美味しい。

どう?食べる?
ほんの少~し肉に混ぜ、みんなに出してみる。
慎吾はバクバク食べている。
ビッケも腰が引けながらも食べている。
びび、ふん!とそっぽを向いて椅子の上。
そんな恨めしげな顔したってさぁ~。食べてみれば~。
IMG_9340.jpg

すみれに至っては、怒ってる。
「何でこんなもん あたちの前に持ってくるのよ~!きぃ~!!」って感じ。
味見してみんさいと、無理矢理口に押し込もうとしたら引っかかれた…
お母さんは空しいぞ、すみれ。

そろそろ、消化酵素とかオイルも買ってみようかなぁ。

05-26

2008

レボリューションの日

今年のレボリューションの日は、毎月26日。
びび達はベランダも出入り殆ど自由で、蚊に刺される事もあるやもなのでレボリューションを使用。

レボリューションの前に、首輪を取ってブラッシング。
IMG_9522.jpg

首輪を取ると、みんなラグビー選手の様に首が太くなる。
やせっぽちのビッケも、なんちゃってラグビー選手(^o^)
IMG_9535.jpg

ちなみに我が家は、トイレにも爪とぎ。

06-12

2008

流涙

すみれ、流涙と眼瞼の腫れあり。
IMG_9733.jpg

これは、L-リジンだけじゃ治らないかも。
集中的に飲ませて一時期は良くなるけど、すぐに又、涙と目脂と腫れが…
病院に行って、目薬もらってこようね。
がんばろー!おー!

06-19

2008

ばかちんビッケちん治ってちん

IMG_2555.jpg

IMG_2561.jpg

はげ、薄くなってる(^_^)

06-19

2008

8020

歯磨きしたいのに、降りてこない。
リボンで誘って騙そうとするが、ノッてこない。
IMG_2520.jpg

ちびっ子慎吾が色々考えるようになっちゃったのね。
早く降りてきて~。
お母さんは80歳で20本の歯を保つのは無理だけど、
歯医者さん怖くて怖くて大変だけど、頑張って通ってるよ~。
慎吾も頑張ろ~!!

この後、無理矢理引きずりおろされた慎吾でした。



06-26

2008

ボソボソ

レボリューションをした後は、ボソボソゴワゴワしている。
IMG_2521.jpg

IMG_2522.jpg

ボソボソも愛おしい(^_^)

07-07

2008

海苔

慎吾ったら、海苔も食べるんだ(^_^;)
お前はホント雑食だねぇ。
IMG_2683.jpg

でもね、海苔は食べ過ぎちゃいけないよ。
ヨードの摂りすぎは甲状腺機能亢進症の原因になっちゃうかもしれないからね!
1枚だけね(^_^)

甲状腺機能亢進症:人間のバセドー氏病と同じ病気
動物の体の発育や新陳代謝をうながすホルモンを出す内分泌腺が甲状腺、のどの気管の両脇にある。その甲状腺ホルモン(サイロキシンとトリヨードサイロニン)の分泌が、老年期に異常に活発になる。多すぎる甲状腺ホルモンの作用で体中の細胞の新陳代謝がどんどん活発になる。
主な症状は食欲亢進、 体重減少、活動性亢進、落ち着きがない、下痢と嘔吐、喘ぎ/呼吸速拍・神経過敏、多飲多尿・大量の糞便、 呼吸困難、息苦しい、脱毛・衰弱、ストレス不耐性。
治療はホルモン抑制剤を飲むか外科手術か放射線療法。

07-17

2008

おーまいがっ!

朝、すみれがクッションをかしかしと隠そうとしている…
ん!?
リビングのクッションにオシッコの跡。おーまいがっ!

お前か!
お前がやったのか?
IMG_2994.jpg

すみれのクッションシッコ病の予防に、人間がいない時には
クッションを立てる事にした。これなら不安定で出来ないだろう。
IMG_3028.jpg
そこに寝るびび。
不安定じゃないのか…

09-14

2008

立派ひげ

ひまわりさんに抱かれてご機嫌なハチ君。
ちょっと偉そうな顔してる(^o^)
私が抱っこしても、何か落ち着かない様子なんだよな(^_^;)
良かったねぇ~、お母さん帰ってきてね。

IMG_3.jpg

IMG_3852.jpg

ハチのひげは、すんごい立派!!

ひまわりさんの家にもらわれて来た頃のひげは、ハサミでばっさり切ったみたいに短かった。
家のビッケも、拾ったばかりの頃そうだった。人間に虐待されていたのかと思っちゃった(^_^;)
栄養状態が悪いとひげは途中で切れる。と、ねこ先輩Kちゃんが教えてくれてた。
そうか…十分な栄養が無いとひげが切れるのか…

今は、それはもぉ立派な長いひげを持ち、体はムチムチしてる。
このムチムチ感は阿部サダヲに似ている。…と私は思っている(^_^)

10-13

2008

お澄ましさん

すみれ。
なに澄ました顔してんの(T_T)
今日は大変だったよ。
ベッドカバーとタオルケットと毛布とシーツとベッドパッドとおねしょシーツを
洗濯するのはいいけれど、何とか…いいけれど。
干すスペースが無い。

IMG_4385.jpg

4日に引き続き、今日も…

すみれ…
かわいいね…

10-15

2008

イライラの衣良ふたたび

びびがイライラしている。
慎吾は何もしていないのに、わざわざ追いかけていってパンチをくれてる始末だ(^_^;)
1日中、甘えてもいる。
「けつポン!けつポン!けつポン!けつポン!けつポン!けつポン!」と
顔を見れば訴えている。ここでけつポンしようとクッションに誘う。

IMG_4087.jpg

3月頃にもこんな事があり、レメディも試してみたが、効果があったのか無いのか…
あまりに目に余ると、トイレに投げ入れ、わざと大きな音でドアを閉め、5分放って置いたりもしていた。どちらかと言うとこちらの方が効いた様な気がする。

今回は……どうしよう。
取りあえず、びびにベッタリ不安じゃないよ~びびが1番だよ作戦にしているけど…
しつこく追いかける場合は転嫁性攻撃行動と書いてあるけど、これは転嫁じゃないよなぁ。
縄張り性攻撃行動か優位性攻撃行動だよなぁ。
脱感作を最初からやり直した方がいいのかぁ。
ん~どうしよう(T_T)

脱感作:消したい感情を抱いてしまう刺激を少しずつ与えて、馴らす方法。
最低限の反応をするレベルからスタートし、与える刺激の強さを段階的に上げて行き、最終的に消したい感情が起きないところまで持って行く。

11-13

2008

あごニキビ

すみれのあごの下に小っちゃーいニキビが出来ていた。

あごニキビの取り方
ータオルを蒸し(レンジでチン)、人肌に冷ましたら顎に当てふやかす。
ざらざらした面でごしごしと擦る。
ノミ取りコームで梳かしても取れる。

IMG_4571.jpg

IMG_4593.jpg

あごニキビ:アクネ、痊瘡
ノミの糞のような黒い汚れが顎に付いていることがある。痊瘡(ざそう)という皮膚病の一種。顎の下の皮脂腺に汚れが付いて出来る。皮脂腺はシッポにもある。
細菌が繁殖し、ひどくなると腫れ上がって出血したり、痛みを伴うことがある。
食いしん坊に出来ると言われている(^_^;)

す、すみれ…ぶさ…

11-13

2008

ジョ~

朝、起き抜けでぼけーとしながらベッドに座っていると…
ジョ~と音が…
はぁっ?えっ?なに?ジョー??
足元ですみれがジョ~……

10/4、13、18と3週続けてやられたすみれのオシッコ病。
それ以降、フェリウェイは湯水の様に作戦を今シーズンも決行してたが。
とうとうフェリウェイの魔法にも慣れてきてしまったようだ(>_<)
今日は晴れてて良かった(^_^;)

PAP_0154.jpg

何にもしないと言うだけで、慎吾がとってもお利口さんに見えてくる。
ちんたん!いい子だね~。真っ黒で可愛いね~。

11-18

2008

出るのはため息ばかりなり

今朝もやられた、すみれのオシッコ病。
新しい毛布だったのに。
ゴメン、しばらく顔見たくない(T_T)

こんないい子もいるのに…



ラストは衝撃的だったが(^o^)

12-05

2008

問題行動~覚え書き

猫の問題行動:問題行動と定義づけるのは人間。猫は猫らしい行動をしているだけという場合が殆ど。

なにか不適切なことをしている真っ最中に妨害されると、もっともよく学習する。


問題行動を引き起こす刺激の除去あるいは修正

馴化:刺激が苦痛や障害を与えるものでない場合は、繰り返し暴露される事で次第に馴れていく。

氾濫法:反応を起こすのに十分な強度の刺激を、反応を起こさなくなるまで繰り返し与え続ける。幼い動物の場合や恐れの程度が弱い場合には有効である。

系統的脱感作:最初は反応を起こさない程度の弱い刺激を繰り返し与え、動物が反応しない事を確認しながら段階的に刺激の程度を強めていき、反応が起こらないように徐々に馴らしていく。タオルを使い、お互いの匂いを相手の体に擦り付ける。

 繰り返し攻撃行動を引き起こしていると、猫はそれによって自分の縄張りを防御できると学習してしまうので、攻撃的になる状況を把握している場合は、その状況を避ける。
 体罰は禁止だが、けんかが起こってしまった場合は、仕掛けた方を罰として他の部屋に閉 じこめる。

オペラント条件付け:特定の状況下で生じた反応(行動)に続いて報酬が与えられると、再び同じ状況を迎えた際に同じ行動をとる確立が増大する。
刺激・反応・強化(報酬)が続けて起こる事が重要。
  強化:留意する点
    強化因子(報酬)
     ○食べ物、誉め言葉、愛撫などが利用される
    強化のタイミング
     ○反応と同時に行われなくてはいけない
    強化のスケジュール
     ○全ての反応に対して強化することで速やかに学習が成立する。
     ○ひとたび条件付けが成立した後は、強化の程度を徐々に少なくして不定期
      な強化にしていく。この方法によって強化因子の要求度(魅力)が保たれる。
    正の強化と負の強化
     ○強化因子の提示により反応の起こる可能性が増大する条件付けを正の強化(陽
      性強化)
     ○反応後に嫌悪的な強化因子が取り除かれることによって反応の起こる可能性が
      増大する条件付けを負の強化(陰性強化)
    二次的強化因子
     ○本来の報酬と一緒に与えることによって強化因子として働く二次的な報酬

消去:学習した反応に対して全く強化が与えられないと、その反応は消去してしまう。
消去は忘却ではない。
消去バースト:これまで強化されてきた反応が突如として強化されなくなった場合、しばらくの間はその反応がより頻繁に現れる。
一時的なものなので、最終的には消去する。

報酬を利用した逆条件付け: 問題行動を起こす刺激に反応したときに、問題行動とは全く別の好ましい行動をするように条件づける方法。



:特定の反応が再発する可能性を減じる為に、その反応の最中か直後に、嫌悪的刺激を与えたり、報酬となっている刺激(強化刺激)を排除すること。
報酬の反対と考えがちだが、報酬の真の反対は、報酬のない事、つまり消去である。

直接罰
遠隔罰 水鉄砲、石やコインを入れた缶 最初のうちはわざと問題行動を起こすよう仕向けて、その都度に罰を与える。
社会罰 無視やタイムアウト(問題行動を起こした直後に暗くて狭い部屋に閉じこめ、騒いでいる間は開放しない)のように人間との相互関係を絶つ。

罰で望ましくない行動をなくす事が出来る場合も時にはあるが、様々な理由で消去に比べ信頼性も安定性も低い。
  理由 ○罰の強さはちょうど良くなければいけない。
     ○罰が強すぎると不安定な状態になる。
     ○弱すぎると、望ましくない行動をなくす事は出来ない。
     ○比較的弱い罰の刺激から始めて、徐々に強くしていくというやり方はとれな
      い。
     ○猫になぜ罰を受けるのかは理解できない。
     ○罰をその場面の別の事と関連づけてしまうかもしれない。
     ○不安の全体的レベルを高める。
     ○問題行動が不安から起こってるとしたら、罰は間違いなく不安に加わって問題
      を悪化させる。

罰となる刺激はただ猫を驚かすか、気をそらしてやっている事を止めさせる程度でなくてはならない。

飼い主が行ったと分かるよりあたかも神が行ったかのように見える事の方が望ましい。
飼い主がいない場合でも、その行動をしない可能性が高くなる。



猫間の社会的攻撃
最もよく始まるのは、どちらかの猫が8~18ヶ月齢の性成熟に達した時
襲われる猫に家の中で安全な場所を用意する事が不可欠である。
そうしておいて襲いかかる側を襲われる猫に対し体系的脱感作する事が出来る場合もある。

  治療
   ○脱感作の時間以外は2頭は離しておく。
   ○わずかな挑発のチャンスも与えない。
   ○攻撃行動の始まりとなる身体的兆候を認識し、最小限の方法で驚かせ、攻撃行動を
    できるだけ初期の段階でやめさせる。
   ○飼い主は転嫁性攻撃行動の兆候に用心する。
   ○攻撃行動のきっかけとなる事がわかっている状況を回避する。
   ○飼う部屋を交換して、襲う側が襲われる側の匂いに除感作されるようにする。
   ○ガラス越しや網戸越しにお互いの姿を見せる。
   ○会わせている時間に、両方に食餌を与える。お互いの見える場所で食餌を与え、お
    互いを無視し合ってる場合には皿を数日に3~5mmの割合で近づける。
    目標は、並んで猫に給餌出来ること。この目標が達成できたら。通常、猫はお互い
    を容認できるようになる。
   ○各個体を区別できるように各々の首輪に鈴を付ける。
   ○利用できる三次元スペースの拡張を考える。
   ○薬剤による治療は、役立つ可能性がある。が、行動修正や環境修正の補助とはなる
    が、代わりになるのでない。
                            メゲステロール ジアゼパム
   ○攻撃行動に関与している猫は、監督者がいない時は一緒にしない。
   ○攻撃している側の猫はどちらかというと居心地の悪い部屋に閉じこめる。襲われる
    側の猫は自由にしても良い。
   ○一緒にしておく時は猫の行動を監視できる様、大きな鈴をつけておく。
   ○猫が静かに一緒に過ごせるなら、ご褒美のおやつを与える。
   ○軽度の攻撃なら、お互いが見えるが反応しない距離で食餌を与える方法が有効であ
    る。



不適切な場所での排泄
  治療
   ○医学的疾患の排除
   ○トイレに対する不満要因の排除
     静かで猫が排泄姿勢をとれるだけの十分なスペースがある場所
     浅くてカバーのないもの
   ○トイレの増設
     頭数よりひとつ多い数のトイレ
   ○酵素入り洗浄剤での清掃、洗濯
   ○不安状況の排除
   ○体罰(直接罰)禁止 体罰は意味がないばかりか、飼い主の前での排泄を避ける様
    になるだけ。
   ○体罰は、とくにそれが痛みを伴ったり、怖がらせるようなものである場合、逆効果
    を生むことが多い。
   ○不適切な排泄場所での給餌 通常、猫は食餌場所で排泄しない。
   ○遠隔罰 少しでも不安状況が原因と疑われる場合は、悪化する恐れがあるので適用
    してはならない。
   ○嗅覚要因を防止する  尿の酵素的分解と揮発性化合物のエアロゾル化防止の両方
    を考える。
   ○縄張りとしてのトイレを割り当てる。全部を1箇所に置いてはいけない。
   ○凝固性のトイレ砂でも、少なくとも2週間に1回は全部捨てるべき
   ○古いトイレは匂いが染みこんでいたりするので、交換しなければならない。
   ○猫が寝具、タオルといった柔らかい素材を使用しているなら、より柔らかい砂を用
    意すべきである。
   ○猫がトイレの外以外でしゃがみ込むのをみ付けた場合、与える罰はただ1つ、猫が
    ビックリする様な罰である。
     行動の開始から数秒以内に行うのが最良である。
   ○匂いを嗅ぐ、回る、引っ掻くといった行動連鎖の開始後30~60秒以内にビックリす
    る事があれば、猫はビックリさせられた行動を学習して結びつけることが出来る。
   ○問題が長時間継続しているような場合、猫によっては同居猫のどれからも隔離し、
    閉じこめるのが最適である。以前に粗相で汚されたことのない部屋に閉じこめてか
    ら、食餌と水、色々なスタイルのトイレとトイレ砂の選択肢を与える。
   
   

素材嗜好
 トイレの中に入らず、縁に立ち、トイレの外を掘る猫は素材の感触を好んでいないだろ
う。

場所嗜好
 同じトイレ砂を入れたトイレを、猫が排泄に使っている場所に置く。猫がトイレの脇に
排泄するならば問題が素材嗜好と場所嗜好の混合性か素材嗜好である。

非スプレー型マーキング

 難治性の素材嗜好、場所嗜好として不適切に診断される。

スプレー行動

 正常な猫の行動レパートリーの一部
 あまり自信のない猫は、スプレーしたり糞でマーキングしたり、しゃがみ込んで排尿し
たりすることによって、自分の居場所を作り出そうとすることがある。

12-05

2008

VSいじめ病

我が家の対策

IMG_4805.jpg

びびが慎吾を虐めようとしたら、シリンジで水をかける。
  これが結構大変。家の中で何処にいるのか探し当てるのに時間がかかったり、びびに当
  てられなかったり。
  この前は、間違って慎吾にかけちゃった。
  飛距離が伸びるであろう、水鉄砲の購入を迷っている。
絶対に虐めさせない。
外出する時には、びびをカメヲの部屋に隔離する。なるべく外出しない。
食餌する場所を近づけていく。取りあえず、姿が見える場所で食べられるようにする。
   以前、慎吾が怖がってびびの近くで食べなくなった時、ドアの陰で食べろとわざわざ
   離してしまった。これは失敗だった(>_<)
とにかく美味しい食事にする。おやつをたっくさん。みんなで食べると美味しいね!にする。
   みんな大好きP-ball…みんなにすみれは含まれないが(^_^;)

居場所を分かりやすくする為に、びびに鈴を付けるかどうか悩んでいる。
鈴を付けた猫の70%だか80%だかが胃潰瘍を持っているという話を聞いたからだ。

12-05

2008

VSオシッコ病

我が家の対策

IMG_4808.jpg

1度オシッコされた布団、毛布は2度と使わない。(2ヶ月間だけ。それでもオシッコ病が続くようならシッコされた布団も使う)
  しぶちんサルオは大反対。ばかばかば~か!お前の布団だけオシッコまみれじゃ~!
  ひまわりさんやサルオの実家で毛布をもらったり、IKEAで安~い掛け布団を買ったり、
  大変。
  大変だけど、仕方ない!絶対直してやる。
酵素入り洗剤も買う。
引き続き、フェリウェイも湯水のように使う。
引き続き、昼間はシートで覆う。

冬だけなのは、何故だろう…?最初の年に下部泌尿器疾患の検査もしたのだけど悪いところは無かった…
でも、培養の検査とかしてないし、もう一度もっと詳しく調べてもらおう。

12-17

2008

手に汗握る猫

久しぶりの病院へ。
ワクチンと健康診断を受けに。
猫子達は廊下に足跡を残しながら帰宅。
軽~く家の中を見回って、あとはグッタリ(^_^;)
おやすみ~、ビッケ。

PAP_0121.jpg

びび  4.86Kg
すみれ 4.76Kg
ビッケ 3.74Kg
慎吾  4.36Kg

びびとすみれは尿検査の結果がpH8、ストラバイト結晶有り。
今までもFLUTDの維持食を与えていたけれど、療養食に変えないと…
飲み水の量も増やさないといけないので、シリンジで無理矢理飲ませようとしてみた。
が…すみれの猛反攻にあった。こいつはホントに…
びびは慣れたものでシャクシャクと飲んでくれるのに。
試しに若者組にも飲ませてみたが、ビッケは口を固~く閉じて、シリンジの水は全部口の外へ。慎吾は何とか少しは飲んでくれたかなぁ。
ビショビショだよ! お母さんが(>_<)

すみれの尿は培養検査にも出してもらった。
結果が出るのは今月末。
犬の結石の原因は殆どが細菌性だが、猫は違うそうだ。

ビッケの胸の音も聞いてもらったが、心雑音は無く、喉の方から音が響いてくるとの話だった。ビッケは1年半前に歯石除去の処置をしてもらったのに、もう歯石が付いてるし歯肉炎もある。次の処置のタイミングはいつでも良い位、と言われてしまった。その時にレントゲンとか鼻腔の検査をしてもらうか……

すみれには、Lリジンパキシルという抗うつ剤をもらってきた。
Lリジンは目脂に。パキシルはオシッコ病に。効けばいいなぁ。

12-30

2008

ヤク切れ

すみれの精神安定剤が切れて、2日。
すっかり薬が体から抜けたようだ。

CA390078.jpg

パキシルを飲ませている間、すみれは抱っこ嫌いになって、私の後追いもせず、チュッパもせず。
夜、早く寝ようと言いに来ない。一緒に寝ない。
洗面台でのうんもションもしなかった。もちろん布団の上でのションも。
何か、普通の猫になっていた。
それはそれでいいのだが…(^_^;)

掛かり付けの先生とも相談して、しばらく投薬は中止する事にした…
ヤクが抜けたすみれは…やる気満々。チュッパして、びびに喧嘩売って、活き活きとしている。
そうだよね、すみれはこうでなくちゃね~。
問題行動は、なるべく早めに、やれるだけの事をやって直す。のが基本だが…
心情的にやれるだけの事がやれない。もう4年も患っているし…
悩む。

尿の培養検査の結果が出た、異常なし。8,000円也。


パキシル:選択的セロトニン再取り込み阻害薬 SSRI
シナプス(神経細胞間のつなぎ目の特殊な構造)に放出されたセロトニン(脳内物質。喜び、快楽、恐れ、驚きをコントロールする)はレセプター(受容体)からシナプス後部に吸収されたり、トランスポーターからシナプス前部に再吸収されてしまう。このためセロトニンは次に放出されるまではシナプスから徐々に減っていく。

SSRIはセロトニンに対し作用し、セロトニンがトランスポーターから再吸収されるのを邪魔する物質。トランスポーターからの再吸収を抑止することによりシナプス中のセロトニンの濃度が上がり、レセプターからセロトニンが吸収されることが多くなる。

セロトニン分泌が悪いときには有効であるが、根本的にセロトニンが増えたりする訳でない。

セロトニンの原料となるトリプトファンは、赤身の魚、肉類、レバー、乳製品、豆乳、鶏卵に含まれ、セロトニンを作るにはビタミンB6が必要。ビタミンB6は赤身の魚、肉類、レバーをはじめ、香辛料、にんにく、しょうが、バナナに多く含まれる。セロトニンを分泌するほう線核は目の網膜から光の信号が5分以上伝わると活動が活発化する。


人間の場合だと、早寝早起き、昼は外に出て、何でもよく食べ、よく寝て、ストレスは少なく…が良いのだろうが、猫の場合は…??(^_^;)

02-05

2009

かわいいから厄介なんだよね~

今朝起きたら、オシッコ臭かった。
またか…
臭いが鼻から離れない(^_^;)
2日前に掛け布団にすみれのオシッコ痕を発見し、洗濯はしたが、まだ乾ききってないのに。
掛ける布団がない…涙。
臭いの残ってない真新しい掛け布団なのに、そうなのね、関係ないのね、すみれちゃん!
お母さんは少々疲れましたよ、すみれちゃん。

DSCF0795.jpg

シロの里親さん、募集中です。
シロの写真を撮りに出向いたのだが、撮れなかった(^_^;)
これは他の猫さん達、うちの子に比べるとやはり目つきが厳しい。

IMG_5335.jpg

猫を巡るトラブルは人間のトラブル。
自分の言い分も正しいが、他人の言い分も正しいのだ。
他人の言い分だって本人にしてみれば、自分の言い分なのだから。
ただ、何の根拠も無しに大騒ぎする人達も確かにいる。
知識と思いやりとモラルがあれば、殆どが解決するんじゃないかと思う。

02-27

2009

pH6

やっと重い腰を上げ、びびとすみれの尿の再検査に行ってきた。
12月に8だったpHも6に下がり、沈査も少なく、あってもはがれ落ちた表皮が少し(^o^)
よかった~~。

今の主治医は放任(?いい意味でね…)で「pHは8とちょっと高いから、それ用のフードに変えて1、2ヶ月したら又来てね(^_^)」だった。
バレているのだ、私が病院でなくネットでフードを買いたいと思っている事が…
だって、高いんだもの!病院で買うと(^_^;)

昨年末に出たロイカナのpHコントロール0も含めて1や2やヒルズのs/dを試食させ、ゼンラーゼUというサプリも飲ませてみた。今はpHコントロール0に落ち着いている。
これでpHが下がらないなら、サプリをメチオニンに変え、シリンジで強制的に水を飲ませようと考えていたけど…良かった…だって、すみれにシリンジで飲ませようとしたら大騒ぎだぁ…

よっぽど怖かったのか病院でゴロゴロと喉を鳴らしていたびび。帰ってきたら怒ってて、目を合わさない。
病院でゴロゴロ言ってるのを聞くのは2度目(^_^;)
最初の時は生後数ヶ月の時で、看護婦さんに「まぁかわいい!甘えてるのね~!」と言われ、病院を変える原因の1つになった(^_^;) ダメだよね、看護婦さんという職業を選ぶなら、猫が平常心を保とうとする時のカーミングシグナル位は知っていないと…

IMG_2511.jpg

03-07

2009

猫ドック

歯のスケーリングのついでに、レントゲン、心電図、血液検査等々をしてきた。
心配していた破歯細胞性吸収病巣(FORL)以外は、問題なし。
おつかれ、すみれ!よく頑張ったね(^o^)

帰りの車の中から翌日までずっ~と文句たらたら…
家に着くと1人になりたいって言うし、麻酔の影響が長く残っているのか、心理的なものなのか足元がおぼつかないし…ま、食欲はあるので大丈夫だと思ってたけど、サルオは心配で心配で…私に文句言ったって仕方ないのに…ねぇ。

IMG_2737.jpg

ご機嫌は直ったね?すみれ?もう大丈夫だね?
お母さんもクタクタだよ、今日も早く寝ようね(^_^)

03-12

2009

ねこの虫歯

今日は、すみれの歯の処置の1週間後検診。
すみれは破歯細胞性吸収病巣だった。歯が溶けて無くなってしまう病気だ。
原因も治療法も分かっていない。難病って言ってしまえば難病だ(^_^;)

せっかく、大変な思いをして歯をキレイにしてきたのに、2~3年後には抜歯をしなくてはいけないという事が分かっただけだった。あ、いや、だけだった訳じゃないのだが…他の歯はすっきりキレイにはなったんだけど(^_^;)

破歯細胞は乳歯が永久歯に生え替わる時に、乳歯を吸収してスムーズに永久歯に生え替わる様に助けている。でもどういうシステムでそうなるのかは分かっていない。
その破歯細胞が永久歯にも作用してしまう。

色々調べても、分からない事だらけ。
どれもこれも、何年か前の病因の説や治療法。何年か前には最新だった。
猫の病気の研究って、ホント遅れている。
研究が遅れているって事は実験で殺されている猫が、ラットや犬に比べれば少ないって事になるのか…だったら、それでもいいか…??????いいのか…?

炎症による歯肉の過形成
この中で、歯が溶けていってる訳だ…

IMG_2623_20090318025408.jpg

可愛いすみれが歯っ欠けババァになってしまうんだね(>_<)
大丈夫、パパちゃんも歯っ欠けになるって言ってるよ。



破歯細胞性吸収病巣:歯頸部吸収病巣、FORL、RL、ネックリージョン、猫の虫歯

「原因が判明するまでは、RLの予防は不可能である。」

破歯細胞はほとんどのタイプの歯牙吸収の成分となっている。
破歯細胞は無機質化組織にしか引きつけられないので、歯根を覆っている有機質の除去または無機質化により、破歯細胞が無機質成分を認識できるようになると推測される。

歯根のX線濃度が正常なものを1型病巣、歯根が比較的X線透過性になっているものを2型病巣
型によって治療法が違う。
いずれにしても歯冠切除、抜歯が主な治療になる。

フッ素や充填修復という治療は、あまり効果がない。

原因として
○なんらかの全身性の傷害が発現したもの
○歯周の炎症が歯根の外部吸収を引き起こす→口腔衛生と歯垢蓄積の予防が必要
○高ビタミンD食が歯根吸収を急速かつ侵襲性に進行させるように働く(ビタミンDは破歯細胞による骨吸収の重要な調節物質)
○歯根表面の脱灰(歯を溶かすpHになるとカルシウムやリンが溶け出す)を引き起こす誘因が1つまたはそれ以上存在する
○咬合ストレス(歯牙たわみ)歯冠に対する側面からの屈曲力が歯頸部に向かって加えられた時にセメント質に病巣が生じる→節食中に歯を屈曲させない堅さの食餌を与える
…という説(!!説でしかない)が考えられる。

ステージ
1期 エナメル質の小さな部分を侵している初期または極めて早期の病巣
2期 象牙質まで拡大しているが歯髄には波及していない病巣
3期 歯髄に波及している病巣
4期 歯が有意に脆弱になるほど歯冠を破壊してしまっている病巣
5期 歯肉上に歯冠が残存しておらず、歯肉がその部位を完全に覆っている





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。