にこねこ

1頭、2頭、いっぱい、もっといっぱい…

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07-16

2008

怖がらない子が怖い

本家の外出自由猫、さつきちゃん。
噛むからという理由で歯を削られ、首には鈴が付けられているが、名札は無い。
アメショークォーターだそうだ。
従姉妹の子供達に可愛がられていた。CA390130.jpg

本家の祖母が亡くなった。
ハナさん、97歳。
眠る様に逝ったらしい、大往生だ。

叔父や叔母が従姉妹の子供達を誉めていた。
「私達が子供の頃には死体って何だか怖くて…でもこの子達は、大お婆ちゃんの
髪を梳かしたり顔を拭いたり撫でたりして…偉いねぇ」
この台詞は別の叔母が亡くなった時にも聞いた。
多分、この小さな子供達が怖くない理由は、大お婆ちゃんが好きだった訳じゃない。
ただただ怖くないんだろう。
死は神聖なものでも、特別な事でも、悲しい事でも無くなってきているのか…

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。