にこねこ

1頭、2頭、いっぱい、もっといっぱい…

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02-21

2014

ビッケの鼻炎

IMG_4680.jpg


4年前に日本獣医生命科学大学を受診したビッケ。
治療開始は症状が酷くなってからで大丈夫と言われていたが、とうとう治療を始める頃合いになった。

鼻水を採取して、薬剤の感受性検査をしてもらい、マクロライド系の抗生剤を最低3ヶ月飲み続ける…
これが私の希望。
獣医さんが最初はステロイドを使った方が効きが良い。と仰るので、これは受け入れる事にした。

感受性ありは
アモキシシリン
オフロキサシン
アジスロマイシン
セッポドキシム
ドキシサイクリン
エリスロマイシン
ミノサイクリン
オルビフロキサシン

感受性なしは
セファレキシン
クリンダマイシン

1月15日から投薬開始。
獣医さんのファーストセレクトはアジスロマイシン(ジスロマック
最初の1週間だけプラスのステロイド、プレロン
これ以降は1日おきにジスロマック

プレロンは錠剤で楽なのだが、ジスロマックは散剤で、飲ませるのがも〜大変。
「ちゅ〜る」が無かったら、どうなっているやら。
ほんのちょびっと舐めてみると、苦いの、ジスロマック。
こりゃ飲まないだろうなぁ(^_^;

投薬を初めて1ヶ月。
だいぶ良くなっています!
発作みたいな激しい咳き込みは無くなりました。
完全に症状が無くなる事はないと思っているけれど、症状が進まなければ良し!です。



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。